綺麗な鏡の前で体を洗いたいものです

水垢(カルシウムなどの汚れ)

お風呂の鏡の汚れの原因の多くは水垢です。うろこのように鏡にこびりつき、スポンジでこすったくらいでは落ちません。これは、水道水に含まれるカルシウムやミネラルがこびりついたものです。日々の水の飛び跳ねが鏡に付着し、放っておくと水分だけ蒸発してカルシウムが鏡に残ってしまうのです。
最初は薄く水の跡が残っているのが分かるくらいですが、そのまま放っておくとその上に何層も何層もカルシウムの膜が出来、落ちにくい塊になってしまいます。
分かりやすい例で言うと、公園の蛇口などの水の出口に白い塊が付いているのを見たことはありませんか?あれは日々使われている水道水のカルシウムが鍾乳洞のように固まってしまうからです。
こちらは自然に落ちるわけではありませんので、やはりお掃除が必要です。

皮脂・カビ汚れ

お風呂では毎日、せっけんやシャンプーなどを使って身体を洗いますが、そのせっけんを体から洗い流す時に鏡にはねてついてしまうのが、皮脂汚れです。
厄介なことに、皮脂汚れは水垢のうろこに入り込んで溜まって行ってしまいます。皮脂は油ですので水に溶ける事は無くどんどんたまっていきます。
そしてその溜まった皮脂にカビが付いてしまう事もあるのです。
お風呂の椅子の裏などにカビが生えやすいのは、身体から流れたせっけんが椅子の裏にこびりつき、それを栄養としてカビが付着するからなのです。
鏡だけに限らず、お風呂にカビが生えやすいのは湿度ももちろんありますが、多くはこのせっけんカスを栄養としている為と言えましょう。ただし、せっけんカスに関しては、毎日のお風呂用洗剤のお掃除で撃退できますので、こまめにお掃除をすることが大切ですね。